お知らせ

2018/06/06 [お知らせ]

平成30年度全国乗馬指導者競技会&第10回ジャパンホースフェスティバルの引退競走馬杯について

全国から250頭の馬が集まり平成30年度全国乗馬指導者競技会ならびに第10回ジャパンホースフェスティバルが6月15日(金)〜17日(日)まで御殿場市馬術・スポーツセンターで開催いたします。

6月16日(土)には今年度からの新設競技として、引退競走馬のセカンドキャリアを応援するために、引退競走馬所有奨励競技「RRC馬場馬術競技」と「RRC障害馬術競技」が行われます。
この「RRC」とはRetired Racehorse Cup(引退競走馬杯)の略で、競走馬として引退し、乗馬という第2の馬生をスタートさせたばかりの馬たちのみが出場できる競技です。
所有奨励金総額100万円(JRA日本中央競馬会の競馬振興特別助成金)をかけて、全国からプロの指導者を含む、多くのライダーのエントリーを頂いております。全日本大会などの常連ライダーたちによる本気のA3課目(21頭)、そして90cm障害(28頭)の走行を、是非現地でご観戦ください。
乗馬として再調教されて間もない馬たちが、どんなパフォーマンスをしてくれるでしょうか。
出場予定馬は「こちらから」です。(変更する場合があります)

その他、馬場馬術・障害馬術・ウエスタン競技など色々な種目が行われます。期間中は「日本馬術連盟のLive & Archives」でライブ中継を予定しております。

「Retired Racehorse Cup(引退競走馬杯)」とは