お知らせ

2017/11/27 [お知らせ]

関東蹄装師会主催 馬学講座開催のお知らせ

関東装蹄師会主催 第21回馬学講座のご案内

今回で21回目を迎える恒例の馬学講座が今年も下記のとおり開催されます。講師は第1回目から毎年この講座で講演されてきた青木先生と、その後継者として売り出し中の富山先生のお二人。馬乗り仲間を誘って是非、ご参加ください。

■富山拓磨先生:「愛馬の改装時期の目安と改装遅延のリスク」

装蹄は定期的にやり直さなければなりません。それを改装と言いますが、そのタイミングは何を目安にすればよいのでしょう。また改装が遅れると、そこには様々なリスクが生じます。愛馬の適切な改装時期を見極める目安や、遅延のリスクを解説します。

■青木 修先生:「後肢の動きはオートメーション! ―エンゲージメントの秘密―」

ウマの後肢の動きは、構造的にオートメンション化されています。その仕組みを効率的に活用すれば、推進力や前進気勢が増大し、ウマの動きが活性化します。これを馬術ではエンゲージメントと呼びます。今回は、そんな後肢の特徴的なメカニズムに迫ります。

日 程 平成30年1月28日(日) 15時〜18時(講演終了後・懇親会)
会 場 グリーンアカデミーホール(東京農業大学校友会館)3階
東京都世田谷区桜丘3-9-31 TEL 03-3429-1983
参加費
(懇親会費含む)
一般3000円  学生1,000円

お問い合わせは 関東装蹄師会事務局 TEL 090-4675-1801(平野)